MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

好き嫌い半ば

[[item(http://i.yimg.jp/i/topics/clickresearch/straight_blogparts_tate.swf?poll_id=4032&typeflag=1,150,480)]]

ひとつめの大学のとき太宰の「藤野先生」がテーマに
問題の多い小説でしたが、検閲体制下での勇気も感じられて

もとより人は、さまざまの要素が交錯して、その諸要素には架橋がされていないところがある
その諸要素が絡み合っているのですね

正直なところ、僕自身は太宰の「過度の文学性」が好きとはいえませんが
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/30(火) 06:52:22|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

キアスム Ⅱの8

秋、唐草、クロームの球宙に浮かび透明な壁にぼくは呑まれ
引き裂かれる言葉と言葉うすあかくまろみゆく樹液叫ぶ痛みの
声たちにその目にいまも追われ夜真闇の深く閉じる目のなく
見開かれていた眼の記憶乾いてせめて雨さえ野をぬらしゆくなら
草たちの終わらなければならない夏たずさえる翳亡き者の真昼

いくたりもの死霊に憑かれてしまったような気がしないでもない今日この頃、食の精進がかえってまずかったかなあ。というような妄想もあるのですが
霊力衰弱中なのが自分でもわかります(笑)

諏訪の下社に行ってこようかしら(本気)

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/26(金) 07:47:32|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

arvo Part

http://www.youtube.com/watch?v=pQJGi9ZLpHE&feature=related
  1. 2009/06/23(火) 15:15:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キアスムⅡ その7

わたつみ…というのは海の呼称ではないのかもしれません

死者の様態のひとつ

透明な渾沌 碧であり青である遅滞 幾つもの気泡、あるいはそれに似たものを内側に抱えそれを光らせて、流れ去り、そして現れ、ぼくたちと言葉をかわすこともできるのです

それは海に似た何かですが、海そのものではありません


水の中の根微分値ゼロに動かず光あるともなき緑に
乾き尽きる雲は空に流れず時ゆるやかに止まるときまで
海にしずむ目を閉じて午後腕に包む空虚さえなく6月の雨
言葉を忘れただそこにいるひとつのベンチに肩もたれることもできて
けれども言葉ぼくたちの超えてゆく靱舟この世界へ

↓自己展開する前の形です
なんとなく連関はしているようないないような


散りながら空に吸われてゆく花片地表は灰色に乾いて
低い雲から逃れられずに歩く街の雨を待ちつつ枯れてゆく草
壁に黒く黴はひろがり続く雨に遠ざかる海へ閉ざされる窓
意味はみな廃市の上の空に融けてぼくは言葉を忘れ喪う
眠りのない夜終わりのない日々夢に蝕まれてゆく本の文字

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/21(日) 11:28:45|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフィン変換と展開

トートロギーの推移

推移の浮揚

ラッセルのパラドックス

一般連続体仮説

領域 連続体濃度 断絶と可視

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/20(土) 08:11:04|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淵源として

プロタゴラス の絶対的客体の否定→矛盾の併存

クリチアス 絶対的客体の否定の濫用 相対化 人間の被造物としての神

メモです

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/16(火) 11:50:23|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キアスム Ⅱの6

散りながら空に吸われてゆく花片地表は灰色に乾いて
低い雲から逃れられずに歩く街の雨を待ちつつ枯れてゆく草
壁に黒く黴はひろがり続く雨に遠ざかる海へ閉ざされる窓
意味はみな廃市の上の空に融けてぼくは言葉を忘れ喪う
眠りのない夜終わりのない日々夢に蝕まれてゆく本の文字

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/04(木) 03:08:43|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。