MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論語 学而篇 14

子曰。君子食無求飽。居無求安。敏於事而愼於言。就有道而正焉。可謂好學也已

しいわく くんしはしょくにあくをもとむるなく きょにやすきをもとむるなし ことにおいてびんにしかしてげんにおいてつつしみ みちにしてただしきあらばつく がくをこのむというべきか

就有道而正焉 を従来は「ゆうどうのただしきにつく」とか「ゆうどうについてただす」
と読んでいます

が有道って何?

道ありて正しければ就く としてもよいでしょう
訓読に正解などないです

英訳は 修正される正しい理念をもったひとがいれば、仲間になって従う ととっています


英訳

The Master said, "He who aims to be a man of complete virtue in his food does not seek to gratify his appetite, nor in his dwelling place does he seek the appliances of ease; he is earnest in what he is doing, and careful in his speech; he frequents the company of men of principle that he may be rectified - such a person may be said indeed to love to learn

現代中国語訳

孔子說:“君子吃不求飽、住不求安、做事靈敏、言談謹慎、積極要求上進,就算好學了

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/29(木) 18:02:14|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論語 学而篇 13


有子曰、信近於義、言可復也、恭近於禮、遠恥辱也、因不失其親、亦可宗也、

ゆうしいわく しんのぎにちかければ いいてまたふくすべし きょうのれいにちかければ ちじょくにとおし いんするもそのしんをうしなわざれば そうとすべし

ここ、行為行動とそれをささえる理念 その理念を支える心情について語っている箇所かと

ひとにたいする約束が義にかなっていれば(復す=履行)その言葉通りに果たすことができる

恭しい態度も、礼の心にかなっていれば、卑屈にはならない

そのつぎは、よくわからないのです

因=ならう、たよる、因循の因であったりもしますが、ここはひとの行動を追随して規範とする という意味にとっておきます

ひとにならうとき、そのひとが親しさをうしなわなければ(強圧的になどならなければ)尊敬しで指導者としてもよいだろう

と、ぼくは読みます

英訳

The philosopher You said, "When agreements are made according to what is right, what is spoken can be made good. When respect is shown according to what is proper, one keeps far from shame and disgrace. When the parties upon whom a man leans are proper persons to be intimate with, he can make them his guides and masters."

現代中国語訳

有子曰:“信譽符合道義,才能兌現諾言;恭敬符合禮法,才能遠離恥辱;任用可信的人,才會取得成功。”

才會取得成功。は飛躍を含む大胆な解釈です 実利的ですね

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/27(火) 07:32:30|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラマーゾフの兄弟新潮版107ページ以降を読んでいて

思ったのですが
この箇所を文に分けて断章化し、キルケゴールの「空の鳥、野の花」に織り込んでしまうと見分けがつかなくなるだろう…と

それでも、その混淆状態から、ふたたびふたつに分けてゆくことは不可能ではないはずです

近似したものにも、かならず差異はある

従来A由来だとされてきたものがB由来だった、ということもあるはずです

たとえば砂上の楼閣 これ出典遡及をしてみればわかりますが、原出中国ではなく、文語訳聖書なのですよね

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/26(月) 07:09:31|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学而篇 その12

學而: 有子曰:“禮之用,和為貴。先王之道斯為美,小大由之有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。”

ゆうしいわく れいのもちうるや わをもってたっとしとなす せんおうのみちもこれをびとなす しょうだいこれによるも
おこなわれざるところあり わをしりてわするも れいをもってせっせざれば またもっておこなうべからざるなり

之の読み方で解釈もわかれてしまう一章です

和と礼の相互補完の重要性を言ってる
とぼくは認識しましたが


The philosopher You said, "In practicing the rules of propriety, a natural ease is to be prized. In the ways prescribed by the ancient kings, this is the excellent quality, and in things small and great we follow them. Yet it is not to be observed in all cases. If one, knowing how such ease should be prized, manifests it, without regulating it by the rules of propriety, this likewise is not to be done."

學而: 有子?:“禮法的運用,以和為貴。這是最美好的傳統,適用於一切事情。但僅知道‘和為貴’是不行的,違反禮法而講‘和’是?對不行的。”

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/25(日) 22:47:18|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論語 学而篇 11

子曰。父在觀其志。父沒觀其行。三年無改於父之道。可謂孝矣

しいわく ちちいますときはそのこころざしをみ ちちぼっすればそのおこないをみる さんねんちちのみちをあらたむるかからば こうというべきなり

うーむ

可謂孝矣

は、3つの条件を満たしてはじめて孝であると…

これ、翻って、父の心構えになるかもしれないです
見るべき志
見るべき行い

それを満たしているか



The Master said, "While a man's father is alive, look at the bent of his will; when his father is dead, look at his conduct. If for three years he does not alter from the way of his father, he may be called filial

孔子說:“父親在時世時看其志向,父親死後看其行動,三年內不改父親的規矩習慣,可算孝了

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/22(木) 18:59:15|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸ノ内線沿線の喫茶店

本郷周辺には甘味処もあり
また岩崎邸庭園もおすすめです

横山大観記念館から南に150mくらい下がったところ

2時間に一回は喫茶店に入ってくださいね

よいいちにちを

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/22(木) 11:08:25|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魯迅の書簡のなかに

自身の小説「故郷」に出ている「猹」について
一九二九年五月四日 舒新城にあてた書簡の中で言っています

猹’字是我据乡下人所
说的声音,生造出来的,读如‘查’。……现在想起来,也许是獾罢

この、「それは郊外のひとたちの発音に、わたしが初めて猹という字をあてた、査、と読むのだけれど…いまおもいだしてみれば、(それは)おそらく獾であろう」

獾を百度してみると、どうやらアナグマのようです

…は、いいのですが

アナグマの中でも数種類あって、おそらく海に近い地方にいるのは「沙獾」と呼ばれるものではないかと
(いちばん下のイラストのもの)

同定作業は難しいのですが…

でも「想像上の動物」なんかじゃないことだけは確かです


cha2
cha
sa


テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/21(水) 02:06:11|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学而篇 その10

子禽問於子貢曰。夫子至於是邦也。必聞其政。求之與。抑與之與。子貢曰。夫子温良恭儉譲以得之。夫子之求之也。其諸異乎人之求之與

しきんしこうにといていわく ふうしのこのくににいたるや、かならずそのまつりごとをきかん。これをもとめたるか。これをさずけられたるか。しこういわく、ふうしはおんきょうけんじょうをもっておれをえたり。ふうしのこれをもとめるや、そのしょしょひとのそれをもとむるにことなるか

夫子=孔子です

われわれの先生である孔子が、なぜ行く先々の国で政治に関して意見を求められるのか?こちらから働きかけるのか、それともむこうからやってくるのか?と子貢が子禽に問います
子禽は温良恭儉譲以得之と答えるのですが

後の解釈がよくわからないのです

ほかのひとと違う求め方 なのか
それとも
そもそも、意見を尋ねられることなど本来求めていないけれど実際にはそうなるのか

ここ、儒教教団の活動がどのようなものであったか、考えておく必要がありそうです
本来 祭礼葬礼の技術集団であったと同時に、神霊である祖先霊に仕える仕え方を指導し、同時にそれと重なりますが、自然な=働きかけないという意味では消極的といってもよい「仁」によって感化する礼節を尊んでもいた

ここに「宗教的」なものを感じてもよいと思います




英訳
Zi Qin asked Zi Gong, saying, "When our master comes to any country, he does not fail to learn all about its government. Does he ask his information? or is it given to him?" Zi Gong said, "Our master is benign, upright, courteous, temperate, and complaisant and thus he gets his information. The master's mode of asking information! - is it not different from that of other men?"


現代中国語訳

子禽問子貢:“老師每到一個地方,就能瞭解到該地的政事,是求來的?還是人家自願告訴的?”子貢說:“老師憑著溫和、善良、恭敬、節儉、謙讓的品得來的。老師的請求,與普通人的請求大概不同吧

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/20(火) 17:26:58|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダークナイト
という倫理映画のきわみを作ったクリストファー・ノーラン監督の新作です

もはや
21世紀のタルコフスキー・ソラリス

と呼ぶべき作品でした

階層構造が錯綜するので、こちら昏迷しましたけれど、随分精密に作られていて、論理矛盾はない

ただ、その一語を聞き逃すとテーマがわからなくなる可能性がある

その一語とはguiltyです(sinではないことにも注意。sinは神に許される可能性をもちますが、guilty赦しは与えられない。意識化されとりのぞくことのできない絶対の罪です)

衝撃の一作です in

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/20(火) 11:10:58|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

論語 学而篇 9

曾子曰。愼終追遠。民徳歸厚矣

そうしいわく おわりをつつしみ とおきをおう たみのとく あつきにきせん

これ、親の終焉を看取り、葬祭を丁寧にし
と読むようですが、どこにそんなことが…

一般化して、すべてに終わりのあることを心して遠い先にも心をつかう そうすれば民度は厚朴なものになるだろう

くらいでOKかと

英訳
The philosopher Zeng said, "Let there be a careful attention to perform the funeral rites to parents, and let them be followed when long gone with the ceremonies of sacrifice - then the virtue of the people will resume its proper excellence."

中国現代語訳
曾子說:“認真辦理喪事、深切懷念先人,社會風氣就會歸於純樸

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/18(日) 20:21:38|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィヴァルディの

http://www.youtube.com/watch?v=2SIoU2eibL8&feature=related

スターバトマーテル

好きです

歌いやすい というのもありますが(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/18(日) 20:09:52|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

the house of rising sun

いくつか歌詞に違いがあります

ドリー・パートン

There is a house down in New Orleans
Down in the Vieux Carr'e
A house they call the rising sun
Where love and money are made

My father he was a gambler
Mother died when I was young
And I've worked since then
To please the men
At the house of the rising sun

There is a house
Down in New Orleans
They call the rising sun
It's been the ruin of many a good girl
And oh God, you know I'm one

So mothers you go telling all your daughters
Not to do what I've done
To live a life of sin, shame and strife
In the house of the rising sun

There is a house in New Orleans
They call the rising sun
It's been the ruin of many a good girl
And oh God, you know I'm one
Oh God, you know I'm one

http://www.youtube.com/watch#!v=io9RmKeLh00&feature=related

ジョーン・バエズ

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
It has been the ruin of many a poor girl
And me, oh, God, I'm one

If I had listened to what my mother said,
I`d have been at home today,
But i was young and foulish, oh, God
Let a rambler lead me astray

Go tell my babysisters
Don't do what i have done
To shun that house in New Orleans
They call the rising sun

And going back to new orleans
My race is almost run
I'm going back to spend my life
Beneath the rising sun

http://www.youtube.com/watch#!v=NkyYHYUcGgo&feature=related

おまけに
http://www.youtube.com/watch?v=GjW5Djx9XYg

I'll be damned
Here comes your ghost again
But that's not unusual
It's just that the moon is full
And you happened to call
And here I sit
Hand on the telephone
Hearing a voice I'd known
A couple of light years ago
Heading straight for a fall

As I remember your eyes
Were bluer than robin's eggs
My poetry was lousy you said
Where are you calling from?
A booth in the midwest
Ten years ago
I bought you some cufflinks
You brought me something
We both know what memories can bring
They bring diamonds and rust

Well you burst on the scene
Already a legend
The unwashed phenomenon
The original vagabond
You strayed into my arms
And there you stayed
Temporarily lost at sea
The Madonna was yours for free
Yes the girl on the half-shell
Would keep you unharmed

Now I see you standing
With brown leaves falling around
And snow in your hair
Now you're smiling out the window
Of that crummy hotel
Over Washington Square
Our breath comes out white clouds
Mingles and hangs in the air
Speaking strictly for me
We both could have died then and there

Now you're telling me
You're not nostalgic
Then give me another word for it
You who are so good with words
And at keeping things vague
Because I need some of that vagueness now
It's all come back too clearly
Yes I loved you dearly
And if you're offering me diamonds and rust
I've already paid

ヘビメタでは

http://www.youtube.com/watch#!v=vLDazyvMMGw&feature=related
  1. 2010/07/18(日) 08:34:04|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

學而篇 その8

子曰:“君子不重則不威,學則不固。主忠信,無友不如己者,過則勿憚改。
しいわく くんしおもからざればすなわちいあらずして、まなべばすなわちかたからず ちゅうしんをしゅとし おのれにしからざるものをともとするなかれ あやまちてはすなわちあらたむるにはばかることなかれ”

ここ
學則不固 をどうとるか
固を否定的に取るか肯定的にとるか

正直 よくわかりません

ここの「重」は たちふるまいと言動が軽躁ではない=穏やかにゆったりしているととれば、そうでないと、学ぶことに堅実さがあらわれない とするのが英訳です
ぼくは英訳の解釈でいいとおもう

さらに

不如己者 ですが これは水準のように英訳現代中国語訳とっていますけれど、志向としてもよいとおもう
自分の水準に達しないものを友とするな 
というのは冷たいし仁のこころに反します

過則勿憚改
は人口に膾炙していますね
ちなみに膾炙=シシカバブでありましょう もしくは叉焼



: The Master said, "If the scholar be not grave, he will not call forth any veneration, and his learning will not be solid. Hold faithfulness and sincerity as first principles. Have no friends not equal to yourself. When you have faults, do not fear to abandon them


學而: 孔子說:“君子不穩重就不會有威嚴,經常學習就不會固執,一切要以忠信為本,不要結交不如自己的朋友,有錯誤不要怕改正

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/17(土) 13:21:02|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝日のあたる家

http://www.youtube.com/watch?v=_bDW-YQZVLw&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=MIMh3XjDfGU&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=cBnFxfqJJQg&feature=fvw



+α
http://www.youtube.com/watch?v=y1k8_NRhN3A&feature=related

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/16(金) 10:30:40|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学而篇 その7

子夏曰、賢賢易色、事父母能竭其力、事君能致其身、與朋友交、言而有信、雖曰未學、吾必謂之學矣

しかいわく けんけんとしていろをやすんじ ふぼにつかえてよくそのちからをつくし きみにつかえてよくそのみをいたし ほうゆうとまじわるに いいてしんあらば いまだまなばずといえども われかならずまなびたりといわん

これ、還元的に、なにを学ぶべきか言っているのかもしれません

問題は

賢賢易色です

議論の多いところなのです

問題はなぜ賢賢かということで、これを詩経などの畳語に共通する表現とすると賢賢と韻を共通する他の語

堅堅と置き換えてみたりしたのですが、わかりません

諸説はあるものの、これが正しいというものに辿りつけていないようです
場合によると訓読のための訓読になってしまい、他の国の人から見れば噴飯物 になる危険もあって

落ち着いて表情を平静にし

と、自分はとっておきます

英訳

Zi Xia said, "If a man withdraws his mind from the love of beauty, and applies it as sincerely to the love of the virtuous; if, in serving his parents, he can exert his utmost strength; if, in serving his prince, he can devote his life; if, in his intercourse with his friends, his words are sincere - although men say that he has not learned, I will certainly say that he has

中国語訳

子夏說:“重賢輕色、盡心孝順父母、盡力獻身國家、交朋友言而有信的人,即使沒有高等學歷,我也認為他已經受到了良好的教育。”

現代漢文 またまた現代的な解釈ですが、なかなかよいとおもいます



  1. 2010/07/14(水) 18:19:23|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学而篇 6

子曰。弟子入則孝。出則悌。謹而信。汎愛衆而親仁。行有餘力。則以學文。

しいわく ていしいりてはすなわちこう いでてはすなわちてい つつしみてしん ひろくしゅうをあいしてじんにしたしみ おこないてよりょくあらば すなわちもってぶんをまなべ

ここ、ちょっと異読のあるところでして
というのは原籍には句読点がありません
汎愛衆而親仁 を汎愛衆、而親仁 とすると
ひろくしゅうをあいし しかしてじんにしたしみ となります

弟子=年少者
悌=長者にたいして謙譲
衆=人々皆

ここ、儒教文化圏の行動規範になっている部分です
また
汎愛衆而親仁 は墨家の思想と通底するものがあります

諸子百家 広汎に通底する倫理観価値観に支えられていて、よくよく考えるとそれほどの差異はなく、おたがい情緒も通じて語り合えたのではないでしょうか

そののち、教義やドグマに拘泥し、こまかなセクトに閉塞して衰弱していったとすれば、誤った自尊排他のイデオローグの末路だったのでしょう



内容に関しては英訳がわかりやすいですね

英訳
The Master said, "A youth, when at home, should be filial, and, abroad, respectful to his elders. He should be earnest and truthful. He should overflow in love to all, and cultivate the friendship of the good. When he has time and opportunity, after the performance of these things, he should employ them in polite studies

「文」は強いて学ぶべきではなく余力のある=余裕のあるときに学べ というの面白いです

中国語訳

學而: 孔子說:“年輕人應該孝順父母,尊敬師長,認真誠信,廣施愛心,親近仁人志士。能輕鬆做到這些,才可以從事理論研究。”

これ、すこし解釈の差が…くみとりかたの温度差があって、行有餘力 の前のことが軽々とできるようになってから、そののちに文を学べ と言っているのです

中国語訳 大胆でおもしろいです



  1. 2010/07/14(水) 02:16:07|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論語 学而5

子曰。道千乘之國。敬事而信。節用而愛人。使民以時

しいわく せんじょうのくにをおさむるには ことをつつしみてしんあり ようをせっしてひとをあいし たみをもちうるにときをもってす



面白い内容かと言えば、あまりそうでもないとは思いますが、これ、ひとを愛す という重要徳目が出てきます
このばあいの「人」 とは?

おそらく、王侯に仕えている人々 のことでしょう
酷使を避け、大切に扱う という意味でよいと思います

いずれ、仁と愛がどう違い、どう通底しているかについて考えてみたいと思います

英訳をご覧下さい

The Master said, "To rule a country of a thousand chariots, there must be reverent attention to business, and sincerity; economy in expenditure, and love for men; and the employment of the people at the proper seasons


現代中国語訳が ちょっとすごめになっています(意訳が過ぎるだろう…という意味で)

孔子說:“治理國家應該事事認真,時時誠信,處處節約,關心群衆,及時抓住發展機遇

大意 国家をきちんと治めるには状況を正確に把握し、つねに信頼されるように誠実にふるまい、どこでも節約を心がけ、民衆に注意をはらい心遣い、時宜を得たら発展の機会を逃さないようにする

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/12(月) 21:19:07|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論語 学而篇その4


曾子曰。吾日三省吾身。爲人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎

そうしいわく われひにみたびわがみをかえりみる ひとのためにはかりてちゅうならざるか
ほうゆうとまじわりてしんならざるか ならわざるをつたえしか

ご存じ三省堂の由来

以下の英訳と現代中国語訳をくらべてみると「三省」の「三」の扱いが違うのがわかります
一日千秋と同じ用い方をされる一日三秋ですが、その「三」は、単に多さ或いは「何度も」 を意味することもあります
あと、英訳は朱子の注に準拠していますか?訓読としては「伝えられしを習わざるか」になりますね
「伝えて習わざるか」と読む場合もありますが、ちょっと微妙



Xue Er: The philosopher Zeng said, "I daily examine myself on three points:
whether, in transacting business for others, I may have been not faithful;
whether, in intercourse with friends, I may have been not sincere;
whether I may have not mastered and practiced the instructions of my teacher

曾子說:“我每天都要多次提醒自己:工作是否敬業?交友是否守信?知識是否用於實踐?”


あと
昨日の
子曰:“巧言令色,鮮矣仁

鮮は「すくなし」と訓ずるのですが、薄さ や浅さを言うとすれば、このように意訳もできます

…なめらかな言葉
とりつくろった表情の見せかけだけの優しさ

「仁」は、論語に於いて重要な思惟核です
同じく論語 子路篇にも
剛毅木訥は仁に近し というのありましたよね

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/12(月) 03:32:25|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学而編その3

子曰。巧言令色。鮮矣仁

し いわく こうげんれいしょく すくなし じん

これ

場合によると
言葉巧みで、表情もうつくしい(ひとは)仁のすくない(ひと)である 

ということになってしまいますが

おそらく「たくみなげんじやゆたかな表情は、仁由来のものではないだろう」 という記述ととらえたほうがいいのかも

行為についての言述に「ひと」を補ってよむことそのものにも、もちろん問題がありますが、認識として、さまざまの行為を状況によってかえてゆくのが人であり、不変ではない ということと同時に自身を飾ろうとすること、価値あるものと見せようとすることに「仁」と背反するものを見ているのです

英訳

The Master said, “Fine words and an insinuating appearance are seldom associated with true virtue.”

参考に 現代中国語訳を上げておきます

學而: 孔子說:“花言巧語、滿臉堆笑的人,很少有仁愛之心

これは、人を主体にしての解釈ですね




テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/11(日) 01:50:46|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

學而編その2

有子曰。其爲人也孝弟而好犯上者鮮矣。
不好犯上而好作亂者未之有也。
君子務本。本立而道生。孝弟也者其爲仁之本與

ゆうしいわく。そのひととなりこうていにしてかみをおかすをこのむ(もの)はすくなし
かみをおかすをこのまずしてらんをなすをこのむものはいまだ(これ)あらざるなり
くんしはもとをつとむ。もとにたちてみちしょうずれば、こうてい(なるもの)は(それ)じんのもとたるか

なぜに( )か
その部分、これが口語のおそらく筆記であろうことの傷痕なのかもしれません

君子務本

君子は根本理念に従って行動する、規範としての「道」も根本理念に従う というのです
素朴かも知れませんが、理念中心主義への萌芽あるいはその根をみてもよい
朱子学を含む宋学がロゴス中心主義に傾いたのもゆえなしとしませんかも

そして、ここでの論理は、帰納推論の形をとっていることにも注意
もちろん最後の1行には、2段階の飛躍が含まれますが、そこにも意識は及んでいるでしょう
疑問型でむすんでいます

英訳


The philosopher Yu said, “They are few who, being filial and fraternal, are fond of offending against their superiors.
There have been none, who, not liking to offend against their superiors, have been fond of stirring up confusion.
“The superior man bends his attention to what is radical. That being established, all practical courses naturally grow up. Filial piety and fraternal submission,-are they not the root of all benevolent actions?”
[學而編その2]の続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/09(金) 16:00:00|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

論語を読みます 學而編その1

子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎

し いわく。まなびてときにこれをならう。またよろこばしからずや。ともあり えんぽうよりきたる。またたのしからずや。ひとしらずしてうらみず。またくんしならずや

意味

孔子いわく 
学び、時に応じてそれを復習することは楽しいことではないだろうか
友がいて、遠くから来てくれることは嬉しいことではなうだろうか
人に認められなくても、そのことを憤ったりしないなら、君子といえるのではないだろうか

解説

時に は時宜 時のよろしきを得て 可能ならいつでも
朋 親友 心情を共有し志を同じくする盟友
不慍 いきどおらず と訓する場合もあります
学ぶことは 礼に限らず、学んだこと一般としてもよいでしょう
人に、心情やひそかな自負を知られない、わかって貰えないことを恨んだり怒ったりしない
というのは、春秋の倫理、理想の君子像の要素と呼んでもよいかもしれません
右手でしたよいことを左手に知らせるな ですね

英訳もありますがシンプル

The Master said, “Is it not pleasant to learn with a constant perseverance and application?

“Is it not delightful to have friends coming from distant quarters?

“Is he not a man of complete virtue, who feels no discomposure though men may take no note of him?”

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/08(木) 19:27:15|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。