MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月埋

moonmist
月埋

はらはらと剥がれてゆくもの灰の銀に病蝶ひとつ月を翳るは

みてごらん空が低くなる風が這う草の茎は折れ砕かれる蝶

石積みの迷路の如き回廊に鬩ぎあう霊 凝り流るる

野黒ずむ人群は佇つ六月に道に迷えば朝に向かわず

水色に鴉青ざめ空は冴え凍る果実の響きききしも

救済の気圏より零れ…死者たちは歪む 光はけれど透明で

その記憶はきみに残るだろう葛繁る より凶悪な遷移となって

横たわる場所を求めて草の底に…出発のまえ すこし眠ろう

くりかえすうつろの愛撫髪は水 藻の這いあがる奈落 霧色

地下道よりあふれくる霧遅れくるひとを恋しむ闇 月埋

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/13(日) 19:30:03|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月の階 月埋

月の階 月埋

香気残るきみの屍体も草花も乾きつくした月によこたえて

髪は濡れて獣は病むか雪崩れつつ牙石英の罌粟を噛む月

十六を末期となさば白色の 氷と薬 天使の翼

月の澪 ながれは淡き玻璃の屑 春ことばなく夢に凍えき

氷筍のきみの舌先透きとおる水滴れば空は血の色

極光に加速する星凍る尾に包まれ眠る未生の少女

蝕の月 翳はあざける断罪の上に墜ちくる言葉ひとつが

暗黒の眸の硝子灼熱に罅われてゆく 星鳴りわたる

そのさきにもう道はない星々の翳降りきたる真昼の森に

星・運命交錯する午後祝福の夢約束に遅れて天使


テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/07(月) 20:13:26|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の花

マツユキソウことスノウドロップとマーガレット


snowd
maga

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/04(金) 19:28:40|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青と銀 月埋

青と銀

架橋にてたちどまるふと 触れくるは いま闇に飛ぶ蜘蛛のおさな児

たちどまる 何を訊こうとあの刹那は 不意に独りになりながら いま

銀白のノイズ流れにたち交じり 雨飽和して斜行せよ午後

そして雨 玻璃のかけらの沈む夜いくつものほそい星に切られて

雪 沙 塩 あるいは骨の灰 既視夢 断片の冬 旅へ…ゆこうか

その真昼ざわめきもなく戸を閉ざすぼくのまちより遠ざかる 沙

中空に鏡のようなそれは…魚?溺れるきみの唇も銀

都市の底に光は揺れる死者たちと…でも氷魚がくる青い淵から

そう…子供の声の なにかをかたる夜あらしめよなお 流れない死屍

潮満ちる青の波影銀となり月わたるころ船を漕ぎいだす
bulemoon

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/03(木) 20:48:29|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。