MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水のあやなみ Ⅱの43

感覚が、むしろ身体そのものだった。質量も、呼吸する空気の肺にみちてゆく感覚。触れあう手のあたたかさとつめたさも



「不思議…感覚がどこまでも深くなってゆく気がするわ」

「この室内の造作も、うすくあおく濁って感じられる空気も、すべてがあまりにもなまなましい」

「そう、すこし生々しすぎるわ。感覚がどこまでも、細胞のひとつひとつにまで降りて行ける気がする」

わたしは、女性の顔をひきよせて、その唇に唇を触れた

くすくすと笑いながら、女性はわたしの髪をつかみ、顔を遠ざけようとする

「やめて…神様が見ている」



「すこし眠らせて…」

と女性は言った「あそこに乾いたベッドがあるから」



その、乾いた、という言葉に自分の何かが反応していた。意識の、あるいは意識ですらないものの奥深さで

なにかに自分は見つめられている。一種の無言の問いかけとして



女性は、棚から生成の、すこしごわごわしたパジャマをひきだし、素肌にそれを着た

「眠い…しばらくそっと眠らせて」

自分はそれほど眠くなかった

ベッドのサイドテーブルに一冊の本が置かれていた。赤い皮の表紙。題は薄れていて読めない。ベッドのそばに置かれた椅子に腰を下ろし、その赤い本を膝の上に置く



女性は、薄い翡翠色の布団にもぐりこみ、顔と右手だけを出してこちらを見ている

髪が枕に流れて、暗い虹のように光っている



「手を…」と女性はちいさくつぶやくように言って、こちらに右手を伸ばしてきた

自分は黙って頷き、その手を左手で握った

女性は目を閉じた
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/02/26(火) 04:22:01|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。