MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

雨と虹と雲そして人形 その4話の2

なぜか、科学博物館は子供たちが多かった
でも、子供たちの声の華やかなさざめきとは別の静けさも感じられたのは、それが平日の午前だっただろうか

科学…その歴史的に犯してきたあらゆる錯誤にもかかわらず、ひとは科学を通してしか真理にたどりつけないだろう
でも…

神は
限りなく低いしもべとして受肉し、苦痛と屈辱のうちに十字架にかかった神は…
真理ではない別の階層に…そのようにうしなわれを予定されて現われるのだとしたら

ガラスの大きなケースに、その女性のミイラは横たわっていた
麦藁色の髪.花束は乾き尽くしていた.瑠璃色の首飾り.おだやかといってよい表情.ぼくは鞄をかかえたまま、その姿に魅入られていた

生前は美しかったのだろうか.そして笑顔になったのだろうか.だれかを愛し、そして愛されたのだろうか…そしてだきしめ、だきしめられたことなども

砂に埋もれていた時間のこと.そこは季節のない場所なのだろうか
ふと
「神と砂のほかはなにもない砂漠で…」という言葉をぼくは思いだしていた

文書ケースの上に、あの淡い二色のカードが置かれていた.ぼくが歩み寄り、それを裏返してみると「Ил ь я」とかかれていた


Ил ь я ローマ字になおすと IL Y A 
わたしはここに居る という意味だろうか
スポンサーサイト

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/04/04(金) 08:06:57|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<雨と虹と雲そして人形 その4話の3 | ホーム | 雨と虹と雲そして人形 その4話の1>>

コメント

ゲートボール

ゲートボールを探すなら http://www.kyoto-shagei.com/101070/402504/
  1. URL |
  2. 2008/09/19(金) 02:49:24 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/103-d8406318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する