MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨と雲と虹そして人形 その4話の7

その女性がタクシーの窓をたたいていた
すこし怒った表情で
「あけますか」とタクシーの運転手がいった
「…ええ」とぼくは答えた
ドアはひらき、女性と、三日月にいた、あの痩身の青年が乗り込んできた
そして前のドアを自分でひらき、少年がタクシーに乗ってぼくたちのほうを見て頬笑んだ
「海にゆくの?」
「そうよ」と女性が言った「砂浜でピクニックをするの」
「わあ…」
少年は笑顔になった「ピクニックなんてしたことないや」
痩身の青年は苦笑してぼくのほうを見つめた

女性がぼくを見て言った
「あなただけが、引き裂かれていると思っているの?引き裂かれているのは、あなただけじゃないわ。現在って時間の裂け目なの。過去は存在し、過去の投射としての未来はある。でも、現在なんてどこにもない。見て」
女性はぼくの正面に顔を向けた
「わたしの瞳をみて」

そこにあった。瞳の奥に、あの深い青が。闇であり空でもある、あのほとんど黒でもある澄んだ深い青が

「現在が引き裂くのは時の流ればかりじゃない。わたしたちの言葉も、現在によって引き裂かれるの。発語されたときに言葉はもう、同義性に収斂されることはない」
「それはつまり…」
痩身の青年は
「ぼくたちはもうどこにも帰る場所なんて無い…ということだね」
「でも…」と少年は言った
「すべてが見知らぬ場所なのかもしれないよ」
「それが日常の廃墟でもかなあ…」とぼくは言った
「うん」少年は笑顔になった「廃墟って素敵じゃない」

女性が笑っていた「なんだか昔のあなたを見るようだわ」
スポンサーサイト

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/04/18(金) 18:34:55|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雨と虹と雲そして人形 その4話の7 | ホーム | 雨と雲と虹そして人形 その4話の6>>

コメント

バレーボール

バレーボールを探すなら http://www.mladickrealty.com/101070/201963/
  1. URL |
  2. 2008/09/13(土) 11:45:42 |
  3. #-
  4. [ 編集]

牛レバーでダイエットに挑む

レバーは内臓類のなかでは一番栄養価が高い部位です http://macaroon.victoriaclippermagazine.com/
  1. URL |
  2. 2008/10/15(水) 06:46:03 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/110-0d822ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。