MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨と虹と雲そして人形 その4話の9

青空のなかを、雲が流れてゆく.まるいちぎれ雲が、嵐の日のような速さで
いつか昔に、子供のころに、このような雲を見たことがあったのかもしれない
日付はとうに失われてしまった記憶のひとつとして、雲の記憶.雲が雲であること.雲に違いなく、でも同じ雲ではないこと.ひとつとして同じものはないことは同時に…次のことを意味しないだろうか.量子すら…それぞれが違う響きをもつ…風に鳴る弦のように.ならば、ぼくたちは唯一の中につつまれてそれとわかちがたく刻まれる…その喪われることのない記憶として
風に、塩と砂が混じっていた
風は、時に揺らぐようにその強さをまして不意に、雨滴が混じった.痩身の青年がすこし驚いたように顔をあげて海のほうを見て、言った
「虹だ」
そう、それは虹だった.細かな雨がいますこしそのはげしさをましている.虹がその色を、分光をくきやかにして、そのともなう暗い弧…アレキサンダー帯の暗さもまた鮮明だった
暗さ.なつかしく甘やかでさえある暗さ
「あれじゃなくて?」
と女性がいった「あなたのもとめていた暗い青は」
「暗い青じゃなくて、深く透明な青…なんだ」とぼくは言った
「同じじゃない?」
「すこしでも違うものは、ひとつの言葉ではあらわせない…」とぼくは言った

「なにひとつとして、ほんとうに言葉であらわせるものはないんだよ」虹の方向に視線をむけたまま痩身の青年がいった
「空の深い青を…玄あるいは蒼であらわすのだけれど、たしかにそれは透明で、どこまでも続く空間性によって、永遠と、それにともなう喪われでもある」

ぼくの膝にもたれて眠っていた少年が目をさました.そして「虹?どこ?」といった
「ほら…」
ぼくがゆびさすと、少年はすこし目を細くして遠くをみた
「ほんとだ…でも、もう消えてゆくね」

そうだった.空の虹はもう、どこにも見えなかった.雲すら流れ去って、空は青を明るくした
「行こうか」
膝の砂をはらいながら青年が立ちあがった「それほど遠くないところに駅がある.ぼくの生きていたころは海辺の駅だったけれど、その海水浴場は埋めたてられて工業地帯にかわってしまった.でも砂の道が続いているよ」

ぼくたちは歩きはじめた.初夏…それでも風は涼しくて、砂の道は乾いていた.両側には濃い緑の畑が広がっている
道の先には、逃げ水が光っている.陽炎に揺れる風景のむこうに駅舎と小さなホームが見えた
周囲には、その駅舎以外建物はない
ひどく古いバスが赤く錆びて朽ち、すこし斜めに傾いている

ホームは清潔で、でも昭和43年の新聞と雑誌が放置されていた

「ここ、ほんとうに電車が来るのかしらね」
と女性が言った
時刻表をみていた少年が言った
「あと二時間まてば来るよ」
そして少年は、ベンチに置かれていた雑誌を読み始めた

「でも、その電車はどこにゆくのかしら」
「たぶん…」
…たぶん
ほとんど同時に痩身の青年とぼくは言った
「ぼくたちの見知らぬどこかに」
…ぼくたちの見知らぬどこかに

それは憂鬱な想像で、同時に現実感覚をあざやかにともなってもいた.どこにもぼくたちの場所はないのだ…という感覚とともに.でもぼくたちはいまここにいる

少年が雑誌の頁をめくるその紙の音を、ぼくは聞いていた.めまいのなかの風景の片隅のどこかに、カーテンを閉ざした部屋がある.壁際のたなの上に4つの人形があって、女性がその人形たちの演じる物語を書いている.物語のために、ランダムにめくられるカードがある.パステルカラーのカードには、ロシア語の…正確にはウクライナ語の単語が書かれている.いま1枚のカードがめくられようとしていた

ぼくは駅舎のすずやかな影の中の壁に、あのカードがピンでとめられているのを見た
あゆみより、裏返してそれをみた

самолет и смерти

遠く爆音が聞こえた.小型飛行機のエンジンのおと.
外にでてみると、空に青黒い点のようなものが見え、それはこちらに迫ってくるようだった.初夏の午後、その青空の下にぼくは立ち尽くしている





スポンサーサイト

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/04/25(金) 06:06:53|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<イェスペルセン デンマークの人♪ | ホーム | 匂い あるいはアンドロイドがあれほどまでに官能的なのは>>

コメント

生きがい情報士

生きがい情報士とは、中高年齢者に対して、「生きがいづくり」という観点から、就労、健康づくり、余暇の活かし方、福祉、お金などさまざまなテーマに関して、コンピュータを駆使して情報提供する専門家を認定する資格 http://masthead.markjacobsesq.com/
  1. URL |
  2. 2008/09/09(火) 00:19:51 |
  3. #-
  4. [ 編集]

医薬品

医薬品を探すなら http://www.kadohan.com/100938/201541/
  1. URL |
  2. 2008/10/10(金) 22:28:54 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/115-6058a7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。