MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富原真弓さん著「シモーヌ・ヴェイユ 力の寓話」

ヴェイユ…というと、お兄さんのほうが有名だったりしますけれど
でも、カミュが最初の、そして最大の紹介者であったシモーヌ・ヴェイユについて、おそらくヴェイユの本質認識力に本質認識力で富原さん(翻訳者「ムーミン谷へようこそ」などでご存知の方も多いかも)が全力で応答した1冊

とくに、カタリ派に関する章は重要な考察を含みます
「愛」による失われとしての「悪」など

ぜひぜひご一読くださいね

青土社です

あと、日本語の「宗教」って誤解をうみやすい言葉だな
場合によっては「思考放棄による教条への盲従」みたいな意味にさえ捉えられるもの

それは、哲学を群として含む、思考及び認識の様相 だとおもうのだけれど
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/07/18(金) 01:46:44|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<血の不在 その8 「もうひとつの夜」 | ホーム | 血の不在 その7「よろずは」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/150-d2d11ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。