MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

「ではない」と「ねばならない」

「ねばならない」には捨象が含まれる
概念の等価の請求ゆえに。概念で組み立てられた論理は蓋然性の論理である

蓋然性の論理は、飛躍あるいは開けへの裂け目を吸収しなき者とする

開くのは「ではない」なのである

根拠を持ち得ないこと…そのような「ではない」から出発してもゆきさきはふたつある

ひとつは自己への帰郷であり、もうひとつは無限の一部としての永遠の旅である
そして、そのような永遠の旅のうちにこそ、わたしたちはもうひとりのわたしである「他者」と出会うのだ

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/08/20(水) 01:37:08|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<血の不在 その17 旅の終わり | ホーム | 血の不在 その16 草木>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/165-43fd56f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する