MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

重力 その9 矛盾

真昼間の月絹雲にとけあうよう…流れる髪の水である風
人形にその身を似せてすわる椅子に濡れてゆく水の内側深く
閉じてゆく目、やがてすべてが静止する夜刃の上に青む月光
暗紫雨に匂える肌に悩ましく葛、風に揺れ花は散りつつ
塔、壁を流れる砂に指をふれてどこまでも澄みはれわたる、空

流入流出系は拡散するか
そうではないだろう.
流入流出系は決定論に支配されないか
不明、というかわからない
流入流出系は定点で一定解を持つとしても、関数としての数値は変動してやまない.また反復としての振動をもつ
振動は、その極点前後の現われとして、互いに逆の微分値をもつ.つまり逆の対偶様相を持つ

その様相を矛盾…と見ることには、もちろん無理がある
飛躍すれば、矛盾のように見えるものは、幾度も疑ってよい
それは欲動あるいは希求に収斂される関数系の一部、その振動の様相に過ぎない、ということもあるのだから
その意味で「矛盾律」は言語思考にのみ現われる、としてもよいだろう

アドルノを読みなおすこと

この世界に、古いものなどなにもないから

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/03(金) 03:00:59|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水のあやなみ Ⅱの25 | ホーム | 重力 その8 淡青>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/190-4b73624f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する