MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光を輻湊させてはならない

学校の図書館にひとのすがたはなかった
風は冷え、木々は重く茂り、その翳を暗くしていた夏の午前
少年といってよい年齢だったわたしは、一冊の本をひらいている
(そのわたしは5年後に死ななければならないわたしだった)

…光を輻湊させてはならない
正解を得てはいけない
知を所有してはならない
それは限定だから
すべてを自分自身に還元する限定だから
既知から逃れでて、漂流に流出するときあらわれて寄り添うのは、あなたでもわたしでもないもうひとりの同行者である
ここではないどこかへの旅の

もうひとりの同行者…という言葉には恐ろしい響きがあった
同行を拒むことのできない神のような存在

図書館の窓はあけはなたれている
楠が香る
木洩れ陽は斑に、あの公園に揺れているのだろう
まちあわせの時間まであとすこし

あなたはそこに来るのだろうか
スポンサーサイト
  1. 2007/09/27(木) 03:46:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぼくたちは無限に逸脱する | ホーム | さみどりのきぬ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/20-560995cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。