MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

水のあやなみ Ⅱの27

「形相は透明なセロの弦の響きを見ているようなもの」
と女性は言った
ふと、ぼくであるわたしは思ったことがあった
「きみはRで、同時にRではない」
「ええ…あなたを受けいれとりこんできた…そのような推移を過ごしてきたから…もうわたしは推移を止めることができない.あなたから切り離されても自己展開してゆくでしょう.それが推移の…時の流れの持つ意味だから」
「でも、きみはきみだ…」
「そう…わたしはわたし…わたしではなく、わたしではある」
ぼくの背に、女性は顔を押しあて、手をぼくの前に回してきた.でも、抱きしめるわけではなく、腕を輪のようにして
指が、不思議なからみかたをしている.

どこか蜘蛛の巣を思わせるような…そう、やがて枯れてゆく草たちに張られた蜘蛛の巣に、羽毛をもつ草の種子が揺れている
霧はやがて雨にかわるだろうその野に


「統べることと、力場に吊られてなおあることは違うよね」とぼくは言った
「宙吊りのままの主体のこと?」
「その状態で、主体を疑うことかな」
「うーん」と女性はうつむいて笑った
「あなたの言う主体は、主体意識のことでしょう」
「うん」
「だとすると、それは鏡の迷宮にさまよいこむか、全体性へ限りなく拡散するか…そうなってしまうわ」
「でも…捨象は、要素限定にとどまればそれは思考の死だ」
「死…わたしたちは向こうでは死んでいるのよ…死にながらここでこうしている」
女性の腕に力がこもり、背後からぼくを抱きしめた
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/23(木) 06:12:02|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<重力 その13 嘯鳴 | ホーム | 「魯迅と伝統」あるいは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/203-a72895da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する