MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

重力 その18 息嘯


川はあさみ魚は去り雲ひとつのみ遷り過ぎ陽もすでに傾き
琥珀色の光衰ゆみたしゆく室内の壁初冬の午後
あかりひとつ閉ざしに似つつふせゆく目は緑に眩む夏のまばゆく
ゆびさきの髪には深くうずめつつ霧深むらむ交じる息嘯は
逃れゆき逃れきれぬまま震え揺らぎなお立ちつくす冬のすさびに


にゃー

ベルイマンの映画にでてくる、リブ・ウルマン Liv Ullmann さんやイングリット・チューリンさんをなかなか官能的かも…と思えば(思えれば)事態は違ってくるかもハンマースホイ展の印象

にゃにゃ

それは、日焼けしない部分の肌の冷たいなま白さのようなものと、産毛の感触と撓う背骨とほどけゆく髪の官能性であって(力説)おんなのこたちにはわからないさ(ひらきなおり)

おとこのこに生まれてよかった

面白いのでここみて Livつながり

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3

そういえば、エアロスミスのファンクラブに入ってましたAEROFORCEONEというの

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%88%E3%82%8A%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8B%E3%81%A7

この題、誤訳に近いけど…作品にはアメリカ人の女性観の一面が出ていますね
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/28(金) 05:29:56|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<重力 その19 身体 | ホーム | 重力 その17 深緑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/221-e742e0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する