MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

ふたつのソラリス映画

最近のものに含まれている幾つかの重大な問いかけが、あまり認められていないのはちょっと残念な気もします

すくなくとも、こちらの思考を刺激してやまないのは新しいソラリスのほうなのです

主体…シミュラークル…回帰…罪…子殺し…取りこまれ…ロゴスからの再記述

などなど
いくつかの複雑な寓意を、さりげなくもりこんでもいて

さらにいえば、タルコフスキーが父に向かうとすれば、新しいソラリスは、子と犠牲に向かう

それはサム・シェパードの「埋められた子供」のテーマに通底しますね


ただ、映画としては新しいほう、主演の女優さんがワイルドで男性的で唖然としてしまった…というのが偽らざる心境なんですよねー

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/01/06(火) 21:13:47|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Metalic Rain その6 | ホーム | みぞれ雪降る日のために>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/241-6eea0d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する