MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

水のあやなみ Ⅱ その35

…秩序は?

どこかでそう問いかける声を、どこかで聞いた気がする


揺れ動く揺れ動きを規定し、動態をその秩序に従わせるが、推移を押しとどめる力はない

神の無力と同じように

でも、その無力な神は…なにかを、すべてが自己に回収される不気味さから、果てしない不気味さから…空虚な、光も闇も無く、空間ですらないものに吊られている不気味さであり、受け入れ難さからぼくたちを解き放つことが…ただひとり…できるのかもしれない.その無力な神は
それは…それがそうだとしたら…それは何故なのか

胸のまえに背をあてている女性が…その背はやわらかくなり…そして硬くなる.緊張と弛緩のあいだを往き来するように、ゆっくり揺れているように…眠いのだろうか

「眠い?」
とぼくは女性に問いかけた

「ぼくたちは水のなかで眠ることはできないから…」
「できるわ」
「…え」
「………」
無言のまま、女性はあたたかな水にからだを…そしてゆっくり頭を沈めてゆく
なにかが、ぼくを怯えさせた
揺れるあたたかな水にひかりはさざなみして揺れ、女性の横顔をほの青くしている.女性は閉じていた目をひらいた
長い睫毛の先には小さな気泡が光っている.ぼくも、ゆっくりからだを沈めてゆく

水の中は、碧だった.そう…アクアマリンの色の、その色は青ではなく、かすかに碧も帯びているから.かすかに、紗のような綾のような光の模様が見えて、それは水の表面の光の波立ちではなく、水そのものの歪みを映しているように思えた
その模様には記憶がある

ぼくはさらに身体を深く沈めて女性と顔をむきあわせる.むしろ空気のなかにいるときよりもあざやかに、女性の顔が見えて、でも、ぼくたちはいま水の中で言葉を喪っているのだった

すべての、言葉を
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/01/30(金) 17:55:39|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いくつか | ホーム | メタリックレイン その11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/259-a88923f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する