MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

情動

情動によって存在非存在を超えること
死の回答不能性は、そこに解を見出せない種類の「不安」であると同時にここにはない(彼岸にある)非存在を、わたしのうちに語り得るということ

不定解は、領域表示の機能は果たし得る…ということ「わからない…けれどもそこにある(あるいはない)」というような形でわたしのうちに語り得るということ

悪なき罪…というものが規定可能か?
力の不公正な行使を「悪」と呼ぶとすれば、力の不公正な(知りえぬこと、も含めての)不行使も「悪」と呼べる
それを拡張すれば、力無きところに「悪」はないとして、「無力の罪」というのは成立するのだろうか
「それを知り、なお為しえなかったこと」の罪
それを置換すれば「悪を悪として引きうけなかった…罪を回避したことの罪」というのも成立するのだろうか
(具体例を構築しておくこと)


;日本語の論理構築上の弱点として論理階層の異なる語が、同一平面に(ひとつの流れのなかに)並べられてしまい、その論理階層の違いを、冠詞や語形変化の違いとして表示しえない…というところにもある
;欧文の思考の翻訳を追うとき、そこに注意しておくこと(欧文のほうが理解しやすいこともあるのはそのため)
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/11/08(木) 02:21:38|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楚辞 漁父 | ホーム | 「反復」の反復>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/26-0917d122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。