MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

ロードス島と薔薇

例の「ミネルヴァのふくろうは暮れゆく黄昏を待って飛び立つ」をふくむヘーゲル「法の哲学」に次のような文が含まれています
「ここに薔薇がある.ここで踊れ.自己意識的精神である理性(論理認識整合性)と、現実存在にある理性(法則整合性)とのあいだには理性と現実とをわかつ抽象性という束縛が横たわっている.このために、現実のなかに充足(認識抱握が満足すべき状態にあること)を見いだせない.抽象が概念にまで自身を高めていないからである」

うーん…この「薔薇」とは?

「ここがロードスだ、ここで跳べ」という一節もありましたね…
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/02/02(月) 04:44:35|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みぞれ雪降る日のために その8 | ホーム | いくつか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/261-b63239f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する