MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論語を読みます 學而編その1

子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎

し いわく。まなびてときにこれをならう。またよろこばしからずや。ともあり えんぽうよりきたる。またたのしからずや。ひとしらずしてうらみず。またくんしならずや

意味

孔子いわく 
学び、時に応じてそれを復習することは楽しいことではないだろうか
友がいて、遠くから来てくれることは嬉しいことではなうだろうか
人に認められなくても、そのことを憤ったりしないなら、君子といえるのではないだろうか

解説

時に は時宜 時のよろしきを得て 可能ならいつでも
朋 親友 心情を共有し志を同じくする盟友
不慍 いきどおらず と訓する場合もあります
学ぶことは 礼に限らず、学んだこと一般としてもよいでしょう
人に、心情やひそかな自負を知られない、わかって貰えないことを恨んだり怒ったりしない
というのは、春秋の倫理、理想の君子像の要素と呼んでもよいかもしれません
右手でしたよいことを左手に知らせるな ですね

英訳もありますがシンプル

The Master said, “Is it not pleasant to learn with a constant perseverance and application?

“Is it not delightful to have friends coming from distant quarters?

“Is he not a man of complete virtue, who feels no discomposure though men may take no note of him?”
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/07/08(木) 19:27:15|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<學而編その2 | ホーム | 水のあやなみ Ⅱの38>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/338-39f6c86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。