MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論語 為政篇 その11

子曰:“温故而知新,可以為師矣。"
しいわく ふるきをあたためてあたらしきをしる もってしたるべし

これは中国語訳の解釈で順当でしょうか

大意 

兼ねて持っている知識やテキスト情報を何度もくりかえし考えることによって 新たな位相を発見し展開させてゆくことができたら、ひとの師となることができるだろうか

師って何? ですね
師匠一般としてよいかと
レヴィナスの師匠のような 博覧強記ももちろんですが、思考の同行者と呼ぶべき存在が師です
師は歩み続け、新しい領域を切り開かなくてはならない。師に停滞は許されない。その意味で、ダイアローグによって触発しあうのが師弟の関係なのかもしれません

現代中国語訳
孔子説:“温習舊知識時,能有新收穫,就可以做老師了。”

英訳
Wei Zheng: The Master said, "If a man keeps cherishing his old knowledge, so as continually to be acquiring new, he may be a teacher of others

ドイツ語訳

Der Meister sprach: ≫Das Alte uben und das Neue kennen: dann kann man als Lehrer gelten.≪


スポンサーサイト
  1. 2010/09/12(日) 07:34:20|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<故きを温めて その1 | ホーム | 論語 為政篇 その10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/379-2e867ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。