MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

電気自動車 その4 リチウムイオンキャパシタ

リチウムイオンキャパシタ
http://www.nikkei.com/tech/ecology/article/g=96958A9C93819499E3E0E2E0948DE3E0E3E2E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E3E2E7E0E2E3E2E0E0E2E7

リチウムイオン電池がここ数年は電気自動車用の電源の主流になるでしょう
コストは飛躍的に下がりつつあります

でも、未来の技術として リチウムイオンキャパシタ も有力視されています
これは電気二重層キャパシタの原理を使いつつ、その欠点 を改善したものです

化学反応による充電ではないので、充電時間はずっと短くて済むのです
欠点は構造上 リチウムイオン電池に比べてやや大型になる ということでしょう

三菱電機ではさらにリチウムイオンキャパシタとリチウムイオン電池との複合型蓄電デバイスを開発しました

いくつもの技術の革命的進化によって 充電のための装置は飛躍的に進化しています
スポンサーサイト
  1. 2010/10/19(火) 18:06:09|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<電気自動車 ライフサイクルコストと環境負荷 | ホーム | 電気自動車 その3 たま電気自動車 という会社がありました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/390-18cc765f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する