MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

論語 為政編 その18

子張學干祿。子曰:“多聞闕疑,慎言其餘,則寡尤;多見闕殆,慎行其餘,則寡悔。言寡尤,行寡悔,祿在其中矣。”

しちょうろくをもとむるをまなばんとす しいわく おおくききてうたわしきをかき つつしんでそののこるをいえば すなわちあやまちすくなし おおくをみてあやうきをかき つつしんでそののこるをおこなえば すなわちくいすくなし いうにあやまちすくなく おこなうにくいすくなければ ろくはそのうちにあり

尤は過失のこと とが もしくは あやまち と 読みます

大意 子張が孔子に 官途につくためにはどうしたらよいか尋ねました 孔子いわく 慎重に堅実に過失をすくなくすれば自ずから 官吏になることができるだろう

というのが、従来からの解釈です

うーむ

人民の幸福を無視し、収賄の技法を学び、中央のおぼえめでたく私財の獲得に努め…というベクトルの総和の上になりたつ某国ではいけないと思いますが、論語のこの箇所にも理念理想が見受けられないのにびっくりです

うーむ

Zi Zhang was learning with a view to official emolument. The Master said, "Hear much and put aside the points of which you stand in doubt, while you speak cautiously at the same time of the others - then you will afford few occasions for blame. See much and put aside the things which seem perilous, while you are cautious at the same time in carrying the others into practice - then you will have few occasions for repentance. When one gives few occasions for blame in his words, and few occasions for repentance in his conduct, he is in the way to get emolument

為政: 子張學做官,孔子説:“多聽,不要説沒把握的話,即使有把握,説話也要謹慎,就能減少錯誤;多看,不要做沒把握的事,即使有把握,行動也要謹慎,則能減少後悔。説話錯少,行動悔少,就能當好官了



Dsi Dschang wollte eine Lebensstellung erreichen. Der Meister sprach: ≫Viel horen, das Zweifelhafte beiseite lassen, vorsichtig das Ubrige aussprechen, so macht man wenig Fehler. Viel sehen, das Gefahrliche beiseite lassen, vorsichtig das Ubrige tun, so hat man wenig zu bereuen. Im Reden wenig Fehler machen, im Tun wenig zu bereuen haben: darin liegt eine Lebensstellung.≪

スポンサーサイト
  1. 2010/10/26(火) 18:44:24|
  2. 論語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水のあやなみ Ⅱの39 | ホーム | 電気自動車 リチウムイオン電池の次の世代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/393-59d89c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する