MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄色

歩行の穏やかな重さとしての感触の 靴に、乾いてあたたかな冬の道に沈むことなく 続けられているからだの揺れ…逆らえずまっすぐ歩くことの出来ないまま、舗装の裂け目から生えだしていた草は、枯れ尽くしていまも朽ちることなく…揺れている 揺れている陽ざしはそんなにも背に穏やかだったから冬に眠る場所を探す 眠りはつかのまでよかった…海はもう遠いから…わかっている 居場所などたぶんもうどこにもないことに 疲れて…だから、終わりの日を引き寄せて舗道をあるく.やわらかに、もうどこにもいない猫のように…でも、はいってゆける喫茶店がある…けれど立ち止まらずにあるく.いつも引き寄せられているその場所…境界に引かれている線の、鉄色


風などもう吹いていなかった なのに、草は揺れている夏の緑に
あるく足音もなく乾いた殻のうえあるいはその指の骨を壊さぬよう
もう倒れることもできない冬の陽炎は揺れてすこし…あかるすぎて
かたわらの眠っていたねこの春の午後に もう思いだすこともなく
冷えて横たわるその先の道をゆけば海 境界する線路それは鉄色
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/12/29(土) 11:07:59|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 遡及>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/40-9a606d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。