MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

青と銀 月埋

青と銀

架橋にてたちどまるふと 触れくるは いま闇に飛ぶ蜘蛛のおさな児

たちどまる 何を訊こうとあの刹那は 不意に独りになりながら いま

銀白のノイズ流れにたち交じり 雨飽和して斜行せよ午後

そして雨 玻璃のかけらの沈む夜いくつものほそい星に切られて

雪 沙 塩 あるいは骨の灰 既視夢 断片の冬 旅へ…ゆこうか

その真昼ざわめきもなく戸を閉ざすぼくのまちより遠ざかる 沙

中空に鏡のようなそれは…魚?溺れるきみの唇も銀

都市の底に光は揺れる死者たちと…でも氷魚がくる青い淵から

そう…子供の声の なにかをかたる夜あらしめよなお 流れない死屍

潮満ちる青の波影銀となり月わたるころ船を漕ぎいだす
bulemoon
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/03(木) 20:48:29|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の花 | ホーム | 海馬嶺 月埋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/403-42c888c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する