MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山水図 1

山水図

水墨画に見えるが、近づいてみればその絵はエッチングもしくは硝子ペンと思われる細い線によって描かれていることがわかる。川面は屹立する奇岩を迂回しつつうねるように流れ、霧もまたその奇岩をめぐるように流れているように見える。墨色一色で描かれているように思われるが、やがてそうではないことにも、あなたは近づくとき気づかされる
そしてその絵に、暗く深い赤を発見したとき、その赤を基点にこの絵の様相は一変する。あなたは気づくだろう
この絵に、なにが描かれているのか、ということに

       1

なぜか目をひらくことができなかった。筋肉の随意の一部が失われているかのように。胸に冷たく不思議な匂いのある霧が吹き込まれ、そして吸い出されてゆくようだ。そして消毒薬の匂い
…この底のさきに、まだ底がある
そんな声を聞いた気がする
意識は、どこかで感覚に拒まれ、齟齬し続けている
手も足も動かないままに、乾いた布の接触感覚がある
声が聞こえる
つぶやくようないくつもの声
その声は遠く、近づいてはこない
再び、湿った霧が胸腔に吹き込まれる。音を立てて
振動が伝わる
飛行機の音が近づき、そして遠ざかっていった
手足は動かない
感覚も、近づいては遠ざかってゆく
声を聞いた
…どのような意味もない。言葉はいつも宙に吊られる

それは、わたしの声に似ていた
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/03/10(木) 08:02:18|
  2. 山水図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Down for Double | ホーム | ルクレチア・ボルジアの肖像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/408-5c31848c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。