MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

襤褸

襤褸はためく風明るすぎる…真っ青な空無よりとどく水ひと滴
   
    ちぎれ果てビニールの膜 薄く 濁り 白く 風に音 聞こえぬほどに 
    青を深み空から溶けて雪の不意に濡らしたのかいまきみの頬

大理石の地下道の壁暗くなる翳をうつして過ぎるぼくたち

    とめられないあゆみのなかに磨かれて暗くなってゆく人工の壁
    すべるようにおともなく歩く遊戯に似て声を殺して笑うぼくたち

ポケットに手を入れる遠い坂道を転がり落ちる木の実いくつも

    灰色のコートにふかく手をいれてあるく舗道立ち枯れる木々
    遠い林かたむく日差しに赤い土を転がり落ちてゆく木の実たち

あるくことをもうやめたいときみはいうぼくは背負ってどこにゆこうか

    海へ続く3kmの道直線の永遠に見え遠い砂浜
    夏ではなくその空はただ明るくて眠るきみをなおぼくは背負える

交差点にあの午後舞っていた新聞紙あの地下駅へ続く階段

    埃とともに金色に乾き新聞紙音も無く舞うあの交差点
    10年はいつのまにか過ぎいまもなお暗くその口をひらく地下駅


定型って楽すぎ♪
こっちとしては、もっと音韻にひねくれたいところです
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/03(木) 01:50:48|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヴァージニア・ウルフとアウエルバッハとエアリアル | ホーム | 雨想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/43-4c69881b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。