MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

「夢のなかの殺人」あるいは「殺された殺人者の共犯者」

義理の伯父は思い悩んでいた
死体がある.それは義理の伯父の名前のついた死体で、それを殺したのは義理の伯父自身だった
なんとかしなければならないので、こちらも手伝うことにした
「沈めましょうか…どこかの川に」
「そうだな」

叢の先に川がある…が、軽トラックを沈めるのにはすこし浅いのではあるまいか
水位が下がったりすると、発見されてしまいそうである

「うーん」
いつのまにか義理の伯父の死体は白骨化していた…そのために何故か生々しさも増していて

ともかく埋めることにした

義理の伯父の敷地の端に
義理の伯父は、その自分自身の死体を埋めるためにスコップをふるっている

でも、やがてそこは掘り返されて、その白骨は発見されるだろう
黒い土のなかの、白い骨

義理の伯父は最後まで、自分がもう死んでいることに気が付かなかった
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/02/07(木) 05:42:18|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<翔よ 翔よ その7 | ホーム | 読み代え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/59-238e21f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する