MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

プロタゴラス・ヴィトゲンシュタイン

共通項をもつ全象を重ね合わせて、その位相差を見いだしてゆく、という方法が認識を明確にする、ということもあります

影響・被影響の関係性については、もちろんその実質の精密な検証が必要で、被影響側の基底層がどのようなものであり、その非影響側の状況についても、充分な検討が必要なのはもちろんです

こちら「赤い花」のガルシンと魯迅の「狂人日記」を結びつけてゼミの先生に「その発想はおもしろいよ」といっていただいたのはよいのですが、克明な検証を要求されてえらい目にあったことがあります.恐ろしいことに、中国語訳されたロシア文献、さすが地続きだけあって膨大で、目がくらむ思いがしました.中国の知識人階級の知能および暗記力って超人的ですもん.しかも(いまは海外に頭脳流出しちゃってるんじゃないですか…文革などもあったし)それに多言語世界なので語学習得力抜群.意外なことに自分たちの古典読解力が案外あれれなのは愛嬌ですが

と、たわごとはこれくらいにして

プロタゴラス
http://en.wikipedia.org/wiki/Protagoras

ヴィトゲンシュタイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3

http://en.wikipedia.org/wiki/Ludwig_Wittgenstein

思考のトレーニングに♪


いまでもガルシンは好きですけど、最近みかけないです

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/02/17(日) 16:02:33|
  2. 交感神経日記
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:1
<<ヘラクレイトス あるいは「物語りは終わらない」 | ホーム | 取扱説明書メーカー>>

コメント

聞き流す英語オー・ ヘンリー傑作短編「賢者の贈り物」 

「右脳→左脳の連携学習」で、楽々英語を習得! オー・ ヘンリー傑作短編「賢者の贈り物」 
  1. URL |
  2. 2008/02/24(日) 17:07:37 |
  3. toshian #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/65-d62c3965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

??ήб??

?å?????ήб??^^??????
  1. 2008/02/19(火) 14:55:33 |
  2. ??ήб??

? ?????????

????Ķ?ήФ????
  1. 2008/02/22(金) 19:14:32 |
  2. ? ?????????

????ο¡ήФ???

???θ?22?28?????´??????°?????ġ
  1. 2008/02/25(月) 17:08:39 |
  2. ????ο¡ήФ???

?,??ήФ??

??ð??ήФ????ä????Τ??
  1. 2008/02/26(火) 16:51:35 |
  2. ?,??ήФ??

??ã???????ţ?ήС

??ä??褦?ä
  1. 2008/02/26(火) 20:04:13 |
  2. ??ã???????ţ?ήС

? ???ήС?ι??ΰ??

Τ????????Фü?ä??μ?(25)ãĤ夲?????夲????ä? ?ŷ夷????Υ??????????
  1. 2008/02/27(水) 16:57:45 |
  2. ? ???ήС?ι??ΰ??

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する