MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

「橋はこわされなければならない」

科学史の持つ意味とソクラテス前ギリシア哲学について、とことこちょっと考えていたりの今日でした…あ、もう昨日ですが

距離そのものはいつも絶対距離としてではなく、ひとつのスケールのなかの相互位置としてもあらわれるのですが、おなじスケールに置かれる…つまり同一ジャンルのものとして意識されても、本質的に別の範疇に属している…ということもあるわけです
ピタゴラスは、かならずしも特異に突出していたわけではないとしても

同一ジャンルに取り込まれてしまうのは、思考しそれを記述する基本語彙を、さまざまな領域の思考に共有しなければならないわれわれの思惟を読み取られる場合の、共通の(誤解あるいは誤読のパターンというか)宿命のようなものですが、形而上学と理論物理学をおなじジャンルに取り込んでしまうようなことも、後世の側からのギリシアの思索家たちの範疇と分類の把握において、少なくはなかったのかも

また、基礎論理型を構築し、それを検証してゆく思考実験をノートに書きとめる場合、あるいは討論においての例証として提出された事象・表象が、形而上学思惟に近いかたちをとってしまう、ということはありえます

自然科学の思惟の一部あるいは基底領域としてのギリシア哲学…という流れがあるのかもしれません(ですので、ソフィストたちを「自然哲学」と呼ぶ場合もありますよね)


それを裏返せば思惟は自然の認識と不可分のなにかであったという以上に、自然の全領域に配する思惟が哲学を生んできた…ということなのでしょう

ところで、ギリシア的知性のディオニュソス的昂揚ってどんなこと?ニーチェそんなこといってましたっけ?

あとね、重要なことを言います
こちら美術のマニエリズム期の自在さは好きです.それは技巧の、あるいは描画技量の頚城を逃れえた解放の奔放さ…発想をそのまま表象としてあらわせる自由の獲得でもありましたから

ただ、ぼくたちの認識の論理構築は、しばしば類型化陳腐化としての定型におしこめられてはいないでしょうか
さらにいえば、読み取る…という作業すら、この定型のフィルターを通して(安易に)行われてはいないでしょうか
それが端的にあらわれてしまうのは、何かを論ずるときなのです
類同を抽出してゆく作業(たとえば魯迅の「狂人日記」の基本発想にはガルシンの「あかい花」のそれと類同がある…と言ってしまうような場合)は、個と個、特異と特異のあいだに架橋してゆく外在化客観化の作業ですが、その架橋連接の橋は
「壊されなければならない」
のです
壊されない橋は、閉塞につながってゆきます

橋が壊された後に、川を泳いでわたり、他者という対岸の特異性群にたどりつかなければならないのです.全質的認識に到達しなければならないのです
もとより全質的認識への到達という試みは不可能性を含むのですが、その意味で満たされることの無い完結しない試みですが、でもその試論性、過程のうちにあるということが生成の活性をも生みます
思惟はもとより試論のたえまない提出とその検証の過程のうちにあるのですから
最短距離に見える道は、思惟にとっての最善の道ではない

理としての天を喪失し、その天の正義から見放された悪の荒野、混沌と虚無の絶望うちにあった魯迅は呪い、(その呪いのさきに「子供を救え」というひとことにたどりつくのですけれど)汎在としての悪のうちにキリストの死をなお共有しているそのような(ロシア的)信仰のうちにあったガルシンは、狂気と言う虚妄であるもののうちにありつつ、なおも祈ったのです

ところでイギリスの(イングランド的絶望のうちにある精神風土の)研究者、日本文学をどのようにとらえているのか、気になりませんか?


スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/02/27(水) 03:48:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンスコム・ヴィトゲンシュタイン・CSルイス・セシルディルイス・ディラントマス | ホーム | 黒い太陽(「南の思想」より)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/71-07510dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する