MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピグマリオンシンドローム その3

ぼくの自転車を走らせている方向には、戦災をまぬかれた旧市街がある
江戸の雰囲気が、どこか残ってもいて、大正の建物もさりげなくそこに立っていたりするのだ
ポプラで街路樹はあったから、木洩れ陽ばかりではなくその旧市街のいくつか古い店の集まったあたりの大気も、淡い緑のひかりに染まるのだった
そのような植物の透過光は皮膚と静脈と肉であるぼくたちの身体の奥深くにさしこみ、なにかを変容させてゆく気がする
血を澄ませて、燐光の緑をその真紅に添わせるのだとしたら

でも、それは健康な喜びではなく、病むことに近いなにかなのかもしれない
あるいは、ひとつの体温のない冷えた感覚を受け入れること.死そのものに似たまなざしを受け入れることであるのだとしたら、植物の繁茂する初夏は静かに憂鬱な季節なのかもしれなかった

ぼくは、その古くからの店のあつまっている一角に自転車を止めた

奥山玲子というのが工房の女主人の名前であったけれど、昨日一枚のメモをわたされていたのである.


ぼくのシャツのポケットからとりだされたメモは、藁の混じる紙に、ブルーブラックのインクで書かれていた.ブルーブラックのインクは乾き、角度によっては虹の赤に見えてもいる
読みにくいほどの達筆.この時代ではなく、大正の初めの頃の、毛筆の文字に慣れた女性が、万年筆でかいたような仮名
でも、文章はやはり、この時代のひとのものだった


…羊腸のガット(スポーツ用品店でね) あたらしい玉蜀黍(ひげがたくさん生えでているものがよい…ついでにレモンとバナナを) 画材店で、シリコンと硬化材.硝子のウィスカー.大理石の色のレジン.石膏を .そして慶応元年創業の寿庵で和菓子を4つ


ぼくの自転車の籠は、寿庵で買った淡雪羹と画材店の買い物でいっぱいになってしまったので、地中海産のやや小ぶりのレモンやバナナと、今朝とれたばかりだという新鮮な玉蜀黍で、ぼくのリュックはひどく重くなってしまった

玉蜀黍の赤紫と淡い金のひげは、布につつまれた少女の…どこか死の匂いのする身体からあふれでる髪…身体とはべつの生命をもつその髪にどこか似てもいる

…もしかして
と、ぼくは思い始めていた
だとすると、玉蜀黍はこれでは足らないのかもしれない







スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/03/04(火) 03:51:00|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<アリストテレスの「政治学」が意外なおもしろさ | ホーム | コンスタラチオン>>

コメント

ハメてお金もらた!!

AV男優でもないのに、人妻とか女子大生とかとヤって、お金もらったよー。
明日5人目の相手と会ってくるわー
写メ見たらかなりの巨乳ww→http://lppulu.net/se-doll/78qkd/
  1. URL |
  2. 2008/03/04(火) 03:53:26 |
  3. ぬりかべ #7di3CiSc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/78-8a41addb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。