MittlereBereich

あやしく意味不明のダークファンタジー&SF。 一応健全(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨と雲と虹そして人形 その3話の続き

その女性はタクシーを降り、こちらに向かって歩き始めた
その細い身体を包む明るいグレーのコートは すこし緑色を帯びているように思えた
ここ数年、彼女は背が伸びたように感じられる。それは姿勢がのびたからなのかもしれない、何もない空に向かってまっすぐになって

Gelassenheit ということばにはいつも、痛ましさがつきまとう。たとえエックハルトが口にしたとしても
ハイデガーなら、その痛ましさはさらに切ない

だから…解放には哀切といってよい何かが息をひそめている。あるいは無防備のいのちそのものの静けさ

でもぼくは…

彼女はその場所にいるぼくを認め、すこし頬笑んで手をかるく振った
いまは冬あるいは春の初めなのだろうか

ぼくは寒さを感じないけれど

彼女はぼくのテーブルに向かいあう位置に座り、そしてベージュのバッグから紙の包みを出した
「食べられるのでしょう…すこしなら」
ぼくはかるくうなずき、笑顔になっていった
「味わうことはできる」
「その自動販売機生きているみたいね」
彼女の指さす方向を向くと、その自動販売機には光があった
「どうだろう…」
「珈琲でいい?」
「うん」

すっ と立ち上がって彼女は数枚の硬貨を、その販売機のなかに入れた
重い音がした

「よかった…」
笑顔になって、彼女は缶珈琲の黒い缶を手に、テーブルに戻ってきた

(続きます)
スポンサーサイト

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/03/27(木) 12:03:08|
  2. ダークファンタジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「軍犬と世界の痛み」やはり必読の1冊 | ホーム | 雨と雲と虹 そして人形 その 3話>>

コメント

自転車

自転車を探すなら http://www.aceauto-net.com/101070/101157/
  1. URL |
  2. 2008/09/25(木) 00:03:00 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sym82746.blog46.fc2.com/tb.php/97-0362efd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

sym82746

Author:sym82746
sym82746でぐぐっていただければ、わたしのプロフィールがなんとなくつかんでいただけるかも。現在6匹の猫と暮らしています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blogpet

アナログFlash時計26(アクアブルー)








ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。